対話型マルチメディアの技術と理論 - 山本和明

対話型マルチメディアの技術と理論 山本和明

Add: ivezahi88 - Date: 2020-12-01 16:50:32 - Views: 3854 - Clicks: 5071

対話型システム: 納富・鈴木研究室(対話型システム研究室) 通信技術: 川喜田研究室(IoTシステム研究室) 通信理論: 塩川研究室(モバイルネットワーク研究室) データ工学: 鈴木助教(データ工学研究室) 手書き文字認識. 人の身体と機器とが適合していること。手の大きさとマウスの大きさの適合などです。 頭脳的適合性 1. 自然言語インタフェースとは、機器特有のコマンドなどではなく、人が日常的に使っている言語をインタフェースにすることです。 例えば、音声認識において、「開け」等の操作用語に限定することなく、「ドアを開けてください」などの自由な文を許容したり、識別をすすめるためにコンピュータから日常語で質問したりするのが、自然言語インタフェースの例です。. 技術論文(理論(基礎)研究) 飯田紘也・山田善靖・松林伸生・難波和明: 複占市場における企業の製品販売チャネル選択戦略 鈴木 誠: カテゴリ間の単語頻度の差分を用いたテキストの自動分類 Page Top Vol. 3月5日 (木) 13:00 ~ 15:10 (a01). 効率: ユーザが作業を進める過程が効率的である。 3. Kelly 1955) 客観的・具体的理解 感覚的理解 コンストラクトシステム 主観的・抽象的理解 人間は,感覚器で知覚した 環境を,対立概念のペア. 山本和明, 小嶋隆一, 阿部千春著.

照明、気温、騒音など、人の好む環境と適合していること。 運用的適合性 1. 石井 雅人・森本 悠嗣・山本 和明 Light Field Processing for Ultra-Realistic Communication T. 国立大学法人名古屋大学 大学院 情報科学研究科の公式ホームページです。. 打矢隆弘, 山本大介, 西村良太, 内匠逸, 大浦圭一郎, 李晃伸, 徳田恵一. 竹内 勇剛: 教授: HAI (Human-Agent Interaction)、認知科学、インタラクションデザイン、適応的インタラクション. 郵政省放送行政局有線放送課catv技術開発企画室監修,new catv新しいサービスと技術,電気通信振興会発行,1989年刊 郵政省メディア・ソスト研究会編,ギガビット社会,株式会社三田出版会発行,1993年刊.

技術評論社 1993. 一般社団法人情報処理学会 マルチメディア時代が到来し, 様々なサービス提供が始まっている。本報告では, 今後, ますます重要性を増す音声インタフェース技術に焦点をあて, 音声認識および音声合成を中心とした最新技術を紹介している。内容は, 音声認識技術として, 日本語. 試験段階には、開発された機器を用いてユーザに作業してもらい、それを分析して使いやすさを改善します。ユーザビリティテストがその例です。 ユーザビリティは、対話型システムの特性の一つであり、次の特性のまとまりです。 1. 要件分析段階には、ユーザの従来の作業を分析したり、対話型システムにおける人の作業の部分や条件を分析したりします。 2. 題名: 観光客参加型センシングによる観光情報収集におけるゲーミフィケーションの有効性調査: 著者 *河中 祥吾, 松田 裕貴 (naist/日本学術振興会特別研究員 dc1), 諏訪 博彦, 藤本 まなと (naist), 荒川 豊 (naist/jstさきがけ), 安本 慶一 (naist). 四方 博之 教授 【研究室】 超高周波工学. 満足度: ユーザがイライラしたりせずに、気持ちよく作業が出来る。 対話型システムの特性の一つであり、多様な性質を持つ人々の誰でもが、利用しやすいという性質です。特に、障がい者や高齢者でも利用しやすいことが代表的です。例えば、老眼の人のために文字サイズを大きくすることが挙げられます。 人に特有な性質の一つに、選択的知覚があります。人は自分の興味や経験をベースにして、好みの物事を選択的に知覚し、好みでない物事は知覚しにくいという傾向があります。選択的知覚を利用するインタフェースや弱点を補強するインタフェースが望まれます。.

23 パーソナル・コンストラクト理論 人間の認知と評価の理論(George A. 小嶋 隆一『Smalltalkプログラミングマニュアル』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. マルチメディアの教育利用・経営情報学科の例-大学改革・概念的カリキュラム体系とマルチメディア技術の効果・効用-沢恒雄(名桜大) グループ活動を効果的に成立させるための要因の分析: 中尾 茂子、安達 一寿(十文字学園女子大学). 対話型タブー探索による製品に合う香り生成 福本 誠・野村康太・脇山諒也(福岡工大) ck-002: 幾何的特徴量を用いたデジタル化粧の個人選好性評価 宮田真里・久保友香・山崎俊彦・相澤清晴(東大)・稲垣涼子(フリュー) ck-003. 音声入力機能を有する対話型Webアプリケーションの公開試験 西村竜一(和歌山大)・三宅純平(奈良先端大)・河原英紀・入野俊夫(和歌山大) 音声韻律特徴: LJ-011: ベイジアンネットワークを用いた感性会話ロボットのための対話者感情の推定法. (4/2時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:タイワガタ マルチメディア ノ ギジュツ ト リロン マルチメディア ノ センモン チシキ|著者名:山本和明|著者名カナ:ヤマモト,カズアキ|発行者:技術評論社|発行者カナ:ギジユツヒヨウロンシヤ.

YAMAMOTO より高度な臨場感の記録と伝送を実現するためには,. 3(8月号) 技術論文(理論(基礎)研究). 対話型マルチメディアの技術と理論 : マルチメディアの専門知識.

そこで、本研究室では、音声対話技術やWebマップ技術等を活用した、デジタルサイネージ型の「しゃべる」バス停を開発することにより、 バス停自身が旅行者や地域の住民に対して、バス路線の利用を促す仕組みを実現するを目指しています。. 情報工学課程の研究室15個の概要を紹介します。もっと詳しく知りたい方は、課程等のホームページもご確認ください。 情報知能システム研究室 (飯間 等)【研究テーマ】人工知能システムの設計のための最適化・機械学習に関する研究【キーワード】人工知能/深層学習/強化学習/進化. インタラクティブシステム(対話型システム)は、ユーザとコンピュータ等の機械とが、対話しながら作業を進めていくシステムのことです。人の出力が機器の入力になり、機器の出力が人の入力になるという関係です。 人もシステムの構成要素として考えると、機器の性能や機能はシステムの属性の一部に過ぎず、人の機能や性能も含めて、能率的な作業ができることが大切です。 機器側だけをシステムとして考えると、人間中心設計という方針が必要です。また、対話型システムの開発には、ユーザ操作の分析が必要です。 1. See full list on basics. 北原 和明: 関数空間、近似理論、ハール関数系: hp: 黒瀬 俊: 微分幾何、情報幾何、ヘッセ多様体: hp: 示野 信一: 幾何学、対称空間、解析学: hp: 昌子 浩登: 数理モデリング、生体パターン計測、数値計算: hp: 千代延 大造: 確率過程論、大偏差原理、漸近理論: hp. 対話型マルチメディアの技術と理論 - マルチメディアの専門知識 - 山本和明 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 効果: ユーザの作業の結果が効果的である。 2.

情報論理学 型理論及び構成的論理を中心として,プログラムの検 教 授 龍田 真 証,合成,変換及びプログラミング言語設計の基礎理 論である情報論理学を,基礎から応用まで考究する。. 人の作業時間、休息時間、機械の応答待ち時間などが適合していること。人の疲労も関係します。 環境的適合性 1. マルチメディア情報 ワイヤレス伝送、マルチメディアコンテンツ 高能率符号化、情報通信技術 医療・教育応用. 対話型システム特論時空間情報科学特論 山本(佳) 暗号理論特論 対話型マルチメディアの技術と理論 - 山本和明 ②ロボット情報工学特論 広田 ゲーム理論 岩﨑(敦) 岩本 舩戸 力学系現象特論②超伝導デバイス特論 宮嵜・Matuttis 島田.

人の動画を解析して、それが何かを識別する。 非言語インタフェース 1. マルチメディアとは何か - 山本和明 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお. See full list on sci-tech. 鹿嶋 雅・山本 強(北大) 音声: i-60: 音声と顔画像を用いた個人認識 山本真理・柴田沙矢香・南角吉彦・宮島千代美・徳田恵一・北村 正(名工大) 音声: k-36: 音声強調に着目したマルチメディアコンテンツ要約技術 日高浩太・水野 理・中嶌信弥(ntt). 山本 靖 教授 【研究室】 ワイヤレスネットワーキング 【研究分野】 ワイヤレスネットワーキング. 人の頭脳の情報処理と機器が適合していること。情報的適合性ともいいます。(例:上から下、左から右と言った情報の流れ) 時間的適合性 1. マルチメディアの専門知識―対話型マルチメディアの技術と理論 1993/01/01 山本 和明, 阿部 千春, 小嶋 隆一. 人の話す音声言語を解析し、文字データとして取り出す。 画像認識 1.

ヒューマンインタフェースとは、コンピュータと人間が遣り取りをする部分のことです。具体的には、人間がコンピュータへ指示を入力するキー操作の機能や、コンピュータから人間へ処理結果を返す画面表示や印刷などの機能を指します。ユーザインタフェースともいいます。 画面の表示形式や入力の方法、帳票のレイアウトなどのヒューマンインタフェースは、システムを使うユーザによっての使い方を大きく左右する部分です。 ヒューマンインタフェースの要件は次のように分類されます。 身体的適合性 1. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):石巻専修大学,理工学部,教授, 研究分野:計算機科学,情報工学,数学一般,情報システム学(含情報図書館学),理工系, キーワード:PaiLisp,PaiLisp-Kernel,例による証明,並列LISP言語,並列Lisp,検証,項書き換え系,verification,stealable,1, 研究課題数:15, 研究成果数:0. 専門分野:ヒューマン・インタフェース、ヒューマンコミュニケーション、身体的インタラクション 21世紀は人の世紀。CGキャラクタやロボットなどの身体のはたらきに着目し、人と人をつなぐメディアとしての情報機器のヒューマンインタフェースを研究・開発するなかで、コミュニケーションの楽しさ、感動の仕組みの解明に挑戦しています。たとえば、人とロボットのあいさつインタラクションを解析した結果、動作に対して発声の開始が0. 非言語インタフェース(ノンバーバルインタフェース)とは、人の五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)のうち、言語以外の触覚などを機器との入力または出力に使うことです。 例えば、医療教育用の端末は、人の手からの力をコンピュータへ入力したり、人体の反発を模擬した力をコンピュータから出力したりします。. 人の画像を解析して、それが何かを識別する。 動画解析 1. プログラミング初心者のためのBlocklyを用いた音声対話シナリオ編集システム: 著者 *古市 瑞希, 山本 大介, 高橋 直久 (名工大) ページ: pp. 専門分野:メディア情報処理、コミュニケーション支援、実世界情報 専門はコンピュータによる画像の認識・理解ですが、要素技術の性能向上よりも、それらを活用したコミュニケーション支援に焦点を当てた研究を行っています。昨年度まで所属した京都大学では、学内教育環境の電子化を支援する部局で、教育現場でのコミュニケーション支援に関する研究を行っていました。具体的には、講義やeラーニング中の講師や学習者の行動をカメラで観測し、講義状況や学習者の心理状況を認識すると共に、講義や学習者の様子がネットワークを介しても的確に伝わるような映像の自動撮影・加工・提示を実現する研究です。本学では研究対象を生活空間全体に拡げ、同一場所ではお互いの行動などを介して暗黙に伝わっている“その場の空気”のような情報を、距離や時間を隔てても自然に媒介できるような、実世界情報の獲得・加工・提示技術について研究します。. Amazonで和明, 山本, 千春, 阿部, 隆一, 小嶋のマルチメディアの専門知識―対話型マルチメディアの技術と理論。アマゾンならポイント還元本が多数。和明, 山本, 千春, 阿部, 隆一, 小嶋作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

平成25年度電気関係学会東海支部連合大会 年09月 - 年09月. ハイダーの認知的バランス理論による人間関係の自己組織化 今井 佑・長谷川智史・穴田 一(東京都市大) a-009: 16次格子モデルによる不均一型矩形分割の層の挿入操作 穴田浩一(早大高等学院)・ 久保田彬仁・高加晋司・夜久竹夫(日大) a-010. 技術開発懇談会 in 魚沼 12. 人の五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)のうち、言語以外の触覚などを機器との入力又は出力に使う。 自然言語インタフェース 1. 機器特有のコマンドなどではなく、人が日常的に使っている言語をインタフェースにする。 特徴抽出 1.

入力機能の設計では、「ユーザにとって分かりやすく、入力しやすい」ことが最も大切です。 図書館の図書検索システムのような、コンピュータに不慣れな人が使うことが多いシステムの場合は、キーボードを使った文字入力をできるだけなくし、メニューから選ぶ形式や、タッチパネルを使用した入力にするなどの配慮が必要です。 一方、キーボードに慣れたユーザ向けの入力画面である場合は、キーボードとマウスの操作が混在すると操作性が落ちるので、マウスの仕様を減らし、番号を入力して選ぶメニュー形式にするなど、効率よく入力できる機能設計が望まれます。. 人が対話型システムを運用すること、および運用管理をすることに適合していること。 ヒューマンインタフェースを実現する技術には次のようなものがあります。 音声認識 1. 専門分野:音声認識、音声対話、信号処理 音声によるコミュニケーションは、私たち人間が日常最も慣れ親しんだ情報交換の手段であり、誰にでも快適で効率よくコンピュータを操作できる人間―機械系の究極のインタフェースとして、学術的にも産業的にも注目を集めています。 例えば近い将来、家庭のTVがインターネットに接続され、画面に現れるエージェントキャラクタと音声で対話することで、誰もが複雑な操作なしに必要な情報を探し出せるようになると考えられます。 また自律型のロボットとのコミュニケーションの手段として音声対話は重要視されています。 このような産業上のニーズに応えるためには、音声認識・合成などのヒューマンインタフェース技術と、それを背後で支える知能処理との密接な連携を理論レベル・工学レベルで確立することが必要です。 現在、認識、理解、学習などのパラダイムを総動員して、人間と自由に会話するコンピュータの研究開発を進めています。. 科学技術の歴史 佐藤(賢) 対話型システム特論 時空間情報科学特論 山本(佳) 暗号理論特論 広田 ゲーム理論 岩﨑(敦) 岩本 教育学特論 武石 ②国際社会の政治・経済 宮地. 3月5日 (木) 11:20 ~ 12:00.

山本 和明,阿部 千春,小嶋 隆一『マルチメディアの専門知識―対話型マルチメディアの技術と理論』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理する. 西垣 正勝: 教授. 山本 幹 教授 【研究室】 電気エネルギー工学 【研究分野】 核融合工学・エネルギー変換. 専門分野:感性メディア、色彩工学、マルチモーダル・インストラクション 「深みのあるインテリア」とはどのような配色や形から構成されているのか。また「クリスマスらしい音楽」や「ディズニーらしい動き」とはどのような音や映像を意味するのか。 私たちが何気なく使う言葉の中には、直感やイメージといった主観的な情報(感性情報)が含まれています。「人間中心システム」といわれるように、人が使いやすく親しみやすいコンピュータを実現するために、こうした感性情報を理解し表現する技術が求められています。映像・音楽・アニメ・ゲーム・ダンスなどのメディアコンテンツにおいて、色や音や動きの特徴(らしさ)を解析し、これを利用して新しいコンテンツを生成するために、画像計測・マルチスペクトル・CG・音楽認知理解・生理心理計測など多方面から研究をすすめています。さらにはメディアの心理的効果を分析し、より良いメディア表現のあり方を提案していきたいと考えています。. インタラクティブ発表1 概要説明. →詳細データ (アブストラクト,キーワード,詳細な著者の所属など). 専門分野:音楽情報処理、インタラクション、マルチメディアコンテンツ 今まで技術開発は、主として産業からのニーズに支えられて発展してきました。現在の私たちの生活レベルは、当然のことながら、テクノロジーの支えられているものではありますが、過大な合理主義のもと問題も発生しつつあります。ここでは、「こんなことが出来れば楽しいだろうな」「こんなシステムがあればこのような表現ができるだろうな」などのように、ヒトが本来持ち合わせる欲求や夢を原点に、情報技術と関連した「もの作り」「こと作り」を行うことを課題とします。具体的には、「インタラクション」「マルチメディア」「意図の伝達」をキーワードにして、 1)音楽情報処理(認知科学、各種システム構築)、 2)ジェスチャーセンサを利用したゲームの制作、 3)インタラクティブマルチメディアコンテンツの制作、 4)上記の制作環境の構築、 5)デザインの科学 に取り組みます。.

/3919677 /239-22e159e0c06ec /268149 /158917

対話型マルチメディアの技術と理論 - 山本和明

email: lusini@gmail.com - phone:(304) 249-3829 x 8365

やさしいお菓子の本 - 社労士V 選択式で合格を呼び込むテクニック

-> 則天文字の研究 - 蔵中進
-> あなたの職場の安全点検<全面改訂版> - 中央労働災害防止協会

対話型マルチメディアの技術と理論 - 山本和明 - 地名俳句歳時記


Sitemap 1

ガンパレード・マーチ2K 未来へ - 榊涼介 - 塙保己一 群書類従